北朝鮮の核実験である。東アジアの小国が世界を敵に回しての威嚇行動・・・133.png108.png143.png あまりにも危険すぎる遊戯に世界はどうしたらよいのか~持て余している145.png ニンゲンも動物なので本能に動かされて行動している。国際社会は本能が理性のお面を被っての行動をしている感じだ。本能は正義もモラルも無く、エゲツナイコトが平然としている。そして、もっともらしい言い訳を考えるのだ。そもそも北朝鮮の現在の在り様は、かつての東西冷戦のこまった遺産なのだ。アメリカVSソ連の対立が世界の均衡だった。しかし、ソ連は金属疲労を起こして崩壊。後にはアメリカの一人勝ちだったが、平和にはならず宗教原理主義者たちのテロが起きて新しい緊張に震えている。

 チキンレースとは不良たちの馬鹿げた度胸験しだ。馬鹿馬鹿しい我慢比べで、先に根を揚げたら散々馬鹿にされてしまうのだ。名誉を賭けた男たちのくだらないけど真剣なゲームだ。コレは、生物であるオスの宿命かもしれない。たとえばライオンのオスである。このオスたちは、常に群れを失う恐怖に晒されている。独立した若い雄ライオンは新しい群れを求めて放浪するのだ。親と同じ群れを出てゆくのは、近親同士の繁殖を避けるための本能。だから、他のオスが支配する群れに攻撃のチャンスを狙うのだ。ベテランのオスは常に若オスからケンカを売られるのだ。常に下克上の世界なのだ、ソレがライオンのオスだ。だから~ニンゲンのオスも常に下克上なのかな?137.png 戦いは基本チキンレース、北朝鮮はチキンレースを仕掛けているのだ145.png

[PR]
# by sakulasou567 | 2017-09-07 08:02 | 社会 | Comments(0)
 ダイアナさんの20回忌のすぐ後にめでたい話113.png ウィリアム王子に、お子様三人目が誕生予定なのだ126.png ダイアナさんの孫が増えるのは嬉しい。ダイアナさんの皇室改革は他の王室にも広がり~彼女を手本にする若いお妃さまが増えているそうだ。ダイアナさんの影響は今も続いているのだ。彼女の育った古い価値観の世界を全力で改革に挑んだダイアナさん・・・上流社会は黒を白と言いくるめる大人社会。それは上辺だけの張りぼてを本物だと演技する世界だった。上手い演技をすることを求められるのである。すべてが作り事の24時間365日・・・ソレが耐えられないから行動を起こした。ソレが実を結んできたんだね103.png
[PR]
# by sakulasou567 | 2017-09-06 08:17 | 社会 | Comments(0)
 九州の豪雨災害で見送られていた御婚約会見である。まるで~28年前のご両親の御会見を思い出させるお二人である。110.png 天皇家は美智子皇后の登場により、英王室よりも早い改革が始まった。お子様を御自分でお育てするという、市民と同じ養育環境の改革である。古くからの伝統に固執する旧体制の権威者たちは、美智子妃をどれだけ叩いたか知れない。しかし、それはやがて実を結ぶ。174.png 健やかに成長された次男の秋篠宮さまは紀子様という伴侶を見つけられ、両親のような健やかな家庭を作られた。164.png 日本の皇室は欧州の王家のようなスキャンダルや様々な問題児が出てくることも無く、まあ多少のギクシャクは有るけども現代に至っている。今後のお世継ぎ問題とか色々有るけども頑張ってほしいものだ。皇室ブランドは世界に強みなのであるからだ136.png
[PR]
# by sakulasou567 | 2017-09-04 07:49 | 社会 | Comments(0)
 やったぞ~103.png ハリルジャパンが豪州を2:0で勝ってロシアW杯のチケットを手に入れた166.png ここまで良く闘ってきたぞ~くらいニュースも多い中、我々は大いに喜ぶのだ129.png やっぱり自国のチームが勝つと嬉しいのは自然なことだ・・・。しかし、世界にはスポーツどころではない国や地域も沢山ある。平和に暮らすことさえ出来ない人々も現在進行中で存在している・・・122.png 平和のために国も民族もイデオロギーも宗教も越えて手を繋いで協力してと・・・・理想を掲げてもどこかで挫折するのだ。しかしスポーツが平和の役に立ってほしいと切に願うのである168.png
[PR]
 パリでパパラッチに追いかけられたダイアナさんが、悲劇の自動車事故で亡くなってから早20年。ダイアナさんは裕福だが機能不全家庭に育ったので、親からは必要な愛情が与えてもらえず、精神に不安を常に持ち続ける境界性人格障害を発症していた可能性がある。両親は、家庭教師や乳母に子供たちの養育を押し付け、後はそれぞれ勝手に自分の生活をしていたらしい。冷え込んだ夫婦関係、子供たちは親の前ではいつも緊張していただろう。だからなのか、ダイアナさんのその後の人生の展開が悲劇的な終わりを遂げてしまった原因が、実家であるスペンサー伯爵家の家庭環境にあるのだと断言できるのだ。上流家庭のウソに潰された人生であったダイアナさんの人生。145.png お金持ちや名士と呼ばれる人々の虚栄やエゴイズム、ダイアナさんは王室にもソレがあることを世界に暴露したのだ149.png166.png168.png

 かつて王冠を賭けた恋と騒がれた~エドワード8世~後のウィンザー公爵の事件も、英王室の歪みに抵抗した王子の話だった。しかし、歪みは上流社会の常識だった。黒を白と言いくるめて生活する上流社会は、日本の平安貴族社会でもそうだったし、その後の武家政権や明治新政府にもあった。セレブはどこも同じ行動をする。ニンゲンにはこまったものである・・・コレが業なのだ148.png136.png143.png145.png151.png149.png

[PR]
# by sakulasou567 | 2017-08-31 08:49 | 社会 | Comments(0)
 恒例の24時間テレビである。100キロマラソンが何時から企画に登場して感動を与えてくれるようになったのかな? でも~この企画そのものに・・・疑問の声も出ている。しかし・・・今年の24時間テレビはブルゾンちえみ氏を当日にご指名。トンでも企画そのものである。ちえみ氏は高校生の頃から長距離ランナーで走りこんでいたという。そして、密かに100キロマラソンに選ばれることを期待して練習していたという。だから・・・ちえみ氏は嬉しかっただろう。今年は90キロだったが完走したのだ。彼女は株が上がったが~日本テレビとしてのこの企画はこれからどうなるのかね153.png             

 テレビの感動企画が~そろそろ五月蝿いだけのマンネリやらせ企画だと叩かれているのである。裏番組のバリバラでは、障がい者は健常者を感動させるためにいる訳ではないとはっきり言っているのだ。テレビ局の視聴率稼ぎに障がい者が利用されるのは問題ありだ142.png お笑い芸人でもタレントでも無い一般市民の障がい者なのである。あんまり世間に注目されたくは無いだろう。ひっそり暮らしたいのである。152.png ところで自分は最後の武道館に向かって走っている姿だけを見たよ。このごろの24時間テレビは~めんどくさくなったからね144.png

[PR]
 犬の脳が~狼より20%小さいとどこかで知った151.png 狼は野生の生き物、全てを自分で行うのである。誰も餌をくれないし~怪我や病気の世話もしてくれない118.png 自己責任で生きているのだ。身体能力や脳が犬より高いのは当たり前だろう。狼に犬のような訓練をしても無駄、ぜんぜん覚えないという。狼は独立心が高く、群れの秩序も条件次第で下克上が起きる。野生で生きる厳しさなのだ。其処が犬と違うのだ136.png

 我々と暮らす犬たちは~そもそもニンゲンに逆らわないように改良されてきた119.png 狼のような独立心が~強い性格の犬は、人間を襲う危険があるから・・・殺されるだろう。145.png ペットは~どこまでも愛らしく幼くニンゲンに甘えてこないと・・・可愛くない143.png なんか人間の都合が見えてきて動物の立場で考えたら、我々の都合は残酷だ・・・148.png 我々は自分の都合や理屈を神の真意であると振りかざす・・・其処に傲慢を見てしまうのは自分だけかな133.png

[PR]
 ヨーロッパアルプスで発見された天然の冷凍ミイラのアイスマンである。発見当時は殺人事件の死体だ~と警察に通報、しかし死体の古さから古代人のものであることが解かってきたが、しかし、やっぱり殺人死体であった。アイスマンはエッツイとニックネームが付きアイドル扱いになったが、発見に関わった関係者が続けて謎の死亡事件が続き呪いのミイラと騒がれたらしい。呪いのミイラといえばツタンカーメンの話が有名だ。それ以来~ミイラに呪いは付き物となった。129.png

 アイスマンの当時の所持品も発見されて、紀元前3000年ごろのアルプス地方の暮らしも解かる様になった。彼の持ち物で一番の高そうな品物は銅製の斧だった。石器時代と思われていたのだが、すでに金属加工技術が始まっていたらしい。高級品の銅製の斧が残っていた死体。殺人者は物取りではなく、権力争いや女性問題での恨みから殺したのかも知れないと研究者の話だ。ニンゲンの感情は古代から変わらないのである。アイスマンの詳しい話は長くなるから簡単にコメントしておく。自分的にはアイスマンのイレズミに注目したい。どうやら中国より早くも体のツボが解かっていたらしい。病気に効くツボの部分に印としてイレズミをしたらしい。其処にお灸か何かの治療をしていたのだろう・・・、古代人の知識は凄いと思う136.png

[PR]